footer.phpの編集 wp_footer() とその他の設定 [WordPressテーマ作成の手順6]

このブログのフッターはシンプルに、カテゴリーの全リストとコピーライトのみだ。
今回は、カテゴリーリストの全表示と、コピーライト部分のテンプレートタグをメモ。
このほか footer.php にはテンプレートタグ wp_footer() を必ず記述しておくこと。

本日のINDEX

スポンサーリンク

お約束の wp_footer()

header.phpの <?php wp_head();?> と同じく、footer.phpにも必ず書いておくべきテンプレートタグ <?php wp_footer();?> がある。

WordPressから自動で出力する javaScript などを書く場所になったり、ここを使うプラグインもあるので必須。</body>の直前に書く。

<?php wp_footer();?>
</body>

copyright部分にサイトタイトル bloginfo(‘name’)

コピーライトは、サイトタイトルを bloginfo(‘name’) で表示し、そこにトップページのURLをリンクさせている。

<div id="copyright">Copyright <span>©</span> <a href="<?php echo home_url('/');?>"><?php bloginfo('name');?></a> All Rights Reserved.</div>

これで、管理画面でサイトタイトルを編集しても、サーバを引越してURLが変わっても修正いらず。WordPressの素敵なところだ。

カテゴリーリストの全表示(’hide_empty=0’)

このブログの sidebar.php で表示したカテゴリーリストは、必要なカテゴリー名だけを表示するようにしている。(特定のカテゴリーIDを exclude引数で除外している)

そこで、フッターのカテゴリーリストは、全部表示するようにした。
しかも、まだ投稿の無いカテゴリーも表示するようにしてみた。
これには wp_list_categories() の引数 hide_empty を使用。
hide_empty は表示するか否かのBoolean。
1(true)は空カテゴリーを隠し(これがデフォルト)、0(false)は全部表示。

<h4 id="footerMenuTitle">All Categories</h4>
<ul class="clearfix">
<?php wp_list_categories('title_li=&hide_empty=0');?>
</ul>

wp_list_categories の引数 title_li を空指定して、カテゴリーリストのタイトルがデフォルト表示されるのを阻止している。

wp_list_categories の詳細はこちら:テンプレートタグ/wp list categories – WordPress Codex 日本語版

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

関連記事

WordPressの Embedカードのリンクを別ウィンドウで開く(PCのみ。スマホ・タブレットはそのまま)

WordPressの Embedカード(ブログカード)のリンクは、デフォルトでは同ウィンドウで開くようになっていますが、これを別ウィンドウ(別タブ)で開くように [記事を読む]

WordPressの Embedカードのスタイルを編集する方法2つ

前回の記事で、WordPress 4.5 の Embedカード(ブログカード)の「テンプレートの構成」や「HTML要素のクラス名」などを調べました。これを元に、 [記事を読む]

WordPress4.5で Embedカードの PHPファイルの構造がだいぶ変わったみたい

前回から WordPressの Embedカード(ブログカード)について調べたことをメモっています。 今回は Embedカードの PHPファイルの構造について [記事を読む]

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

^