検索フォームのカスタマイズ [WordPressテーマ作成の手順7]

検索フォームを表示したいところに「get_search_form() 」と書くだけで、WordPressは検索フォームを表示する。
これは、あらかじめWordPressで用意された検索フォームが表示されるのだが、この検索フォームの見た目をカスタマイズする方法をメモ。

WordPressのビルトインの検索フォームは、余計なlabel要素やプレースフォルダーがある。これらを取り去ったり、idやclassも自由に指定できるのでスタイル設定もしやすくなる。

自分で formの actionファイルが書けない非エンジニアでも、WordPressを使えば超簡単に、しかも自分でカスタマイズした検索フォームが作れるなんて、WordPressの1番の魅力は、このフォーム関連の簡単さだと思う。
(コメントフォームやメールフォームも、エンジン部分の知識がまったく無くても、あっさりできちゃうからね)

本日のINDEX

スポンサーリンク

get_search_form() で検索フォームを出力

本ブログの検索フォーム部分はコレ

コレ↑は、このような↓ソースにしている。

<ul id="contact_and_search" class="clearfix">
<li id="searchBox">
<?php get_search_form(); ?>
</li><!-- ^ #searchBox END-->

3行目の get_search_form() で、テーマ内の searchform.php を表示する。
(テーマ内に searchform.php が無ければ、WordPressビルトインの検索フォームを表示する)

get_search_form() の()内の引数は、表示するか否かのBoolean。デフォはTrue(表示)。

参考サイト:
関数リファレンス/get search form-WordPress Codex 日本語版

searchform.phpを作る

searchform.php は、フォーム部分だけのphpファイル。
formで重要なのは actionの値。それを知るためにも元がどうなっているか知る必要あり。
そこでまず、WordPressのビルトインファイル内で検索フォームを探す。これをコピーして編集するというわけだ。

WordPressのビルトインファイルからコピー

WordPressのファイル群に wp-includes というフォルダがある。
これが、ビルトインファイルをいろいろ格納しているフォルダ。
この中の general-template.php を開く。

general-template.php内で、get_search_form を検索。(下図はDreamweaverを使用)

function get_search_form( $echo = true ) という関数部分を見つける。
(WordPress4.1の場合は、196行目にあった)
その下をツラツラ読んでいって if ( ‘html5’ == $format ) に書いてあるのが HTML5用の検索フォームのソース。コレをごっそりコピー。

フォーマットがHTML5でなければ、その直下の else の部分のフォームを使う。

searchform.phpにペーストしてカスタマイズ

searchform.phpを新たに作り、コピーしたフォームのソースをペースト。

<form role="search" method="get" class="search-form" action="' . esc_url( home_url( '/' ) ) . '">
  <label>
    <span class="screen-reader-text">' . _x( 'Search for:', 'label' ) . '</span>
    <input type="search" class="search-field" placeholder="' . esc_attr_x( 'Search &hellip;', 'placeholder' ) . '" value="' . get_search_query() . '" name="s" title="' . esc_attr_x( 'Search for:', 'label' ) . '" />
  </label>
    <input type="submit" class="search-submit" value="'. esc_attr_x( 'Search', 'submit button' ) .'" />
</form>

これを書き直してカスタマイズ。
このブログではこのようにした。

<?php $form = '
<form role="search" method="get" id="searchform" class="searchform" action="' . esc_url( home_url( '/' ) ) . '">
  <div>
    <input type="text" value="" name="s" id="s" />
    <input type="submit" id="searchsubmit" value="search" />
  </div>
</form>';
echo $form;

form要素(2行目)の動作部分(action)は触らず。
それ以外のフォーム部品はinput要素のみにした(4,5行目)。
シンプルな検索フォームにしたかったのでプレースフォルダーは不要、label要素は削除。
スタイル指定に必要なidやclassは新たに設定。
送信ボタンのvalue属性も自由にテキストで変更できるので便利だ。

1行目の「$form = ‘ 」から7行目の「 ‘ 」 で、変数($form)にソーステキスト(HTMLで書いただけの<form>〜</form>まで)を格納。最後のecho $form で出力している。

この方法なら、HTMLソースで書いたモノをそのまま反映できるので、PHPが雰囲気でしかわからない、私のような非エンジニアでも簡単だ。

この方法は、こちらのサイトで教えていただきました。ありがとうございます!
WordPress 検索フォームのカスタマイズ | Webエンジニアブログ

この searchform.php は、テーマのルートに置く。

ブラウザでHTMLの出力を確認

get_search_form() は、テーマのルートにある searchform.php を優先的に呼び出すってのは本当か? というわけで、ブラウザで確認してみた。
このブログの検索フォームの、ブラウザでの表示ソースはこのように。

<ul id="contact_and_search" class="clearfix">
<li id="searchBox">
<form role="search" method="get" id="searchform" class="searchform" action="http://webdesign.practice.jp/">
  <div>
    <input type="text" value="" name="s" id="s" />
    <input type="submit" id="searchsubmit" value="search" />
  </div>
</form><!-- #searchform END -->
</li><!-- ^ #searchBox END-->

ちゃんと自作の searchform.php が出力されている。
action の値はトップページのURLだけ。これで検索できるんだ。さすがWordPress。オートマチックだわ…。

検索フォームをCSSで整える

上記のソースをCSSで整形する。
このブログの検索フォームのCSSはこのように。

ul#contact_and_search li#searchBox {width: 180px;}
#searchform {font-size:81%; position: relative;}
#s {height:22px;
	width: 115px;
	padding: 0 55px 0 10px;
	border: none;
	position: absolute;
	left:0;
	background-color:rgba(255,255,255,0.7);
	border-radius:11px;}
#searchsubmit {
	color:#fff;
	width:50px;
	height:22px;
	border: none;
	cursor: pointer;
	position: absolute;
	position: relative\9;
	right: 0;
	background-color:#628cd7;
	border-radius: 0px 11px 11px 0px / 0px 11px 11px 0px;}

送信ボタン(input type="submit")は、右上と右下が角丸になるようにしている(21行目)。

この角丸の指定については、こちらを参考に。
ほんっとにはじめてのHTML5:[18-1] CSS3で、ボックス要素を角丸にしよう(border-radius)


今回は、検索フォームを作っただけ。
検索結果を表示するには、search.php ファイルを作成する。
これは、他のアーカイブ用テンプレートと同じ仕様なので、後ほど作ることに。

次は、トップページ用の home.php を作る。これもアーカイブの1つ。
最初にコレを作り、コレを元に他のアーカイブ用ページを作っていく。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

関連記事

WordPressの Embedカードのリンクを別ウィンドウで開く(PCのみ。スマホ・タブレットはそのまま)

WordPressの Embedカード(ブログカード)のリンクは、デフォルトでは同ウィンドウで開くようになっていますが、これを別ウィンドウ(別タブ)で開くように [記事を読む]

WordPressの Embedカードのスタイルを編集する方法2つ

前回の記事で、WordPress 4.5 の Embedカード(ブログカード)の「テンプレートの構成」や「HTML要素のクラス名」などを調べました。これを元に、 [記事を読む]

WordPress4.5で Embedカードの PHPファイルの構造がだいぶ変わったみたい

前回から WordPressの Embedカード(ブログカード)について調べたことをメモっています。 今回は Embedカードの PHPファイルの構造について [記事を読む]

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

^