プラグインMeta Managerでキーワードとディスクリプションを出力させる

<head>内の<meta>要素にメタキーワードとメタディスクリプションを出力するプラグイン「Meta Manager」を使ってみました。
各記事(固定ページも投稿も)ごとに、自動で出力してくれるので便利。
「共通キーワード」を設定しておけば、何も入力しない場合はそれをキーワードとして出し、「ディスクリプション」は、何も入力しなければ、各記事の抜粋文が自動で出力されます。

<head>
<meta name="keywords" content="<!--この部分を自動出力-->">
<meta name="description" content="<!--この部分を自動出力-->">
</head>

「メタ情報」だけでなく「ページャー(ページナビ)」「パンくずナビ」「サイトマップ表示」などをまとめて面倒見てくれるプラグイン「WP SiteManager」というのがあり、こっちのほうがプラグインを1つインストールするだけで済むのでイイかも。
ただ、この「WP SiteManager」での「メタ情報」の使用方法は、以下で紹介する「Meta Manager」と同じ(開発元が同じ)なので、メモっておきます。

本日のINDEX

スポンサーリンク

プラグインMeta Managerの使い方

「Meta Manager」をWordPressの管理画面>プラグイン>新規追加で検索し、インストールし有効化。

共通キーワードと基本ディスクリプションを設定

「Meta Manager」を有効化すると、管理画面>設定で「Meta Manager」というメニューが増えるので選択。

ここで共通キーワード基本ディスクリプションを設定する。
この2つは、トップページで使われる。
また、各記事の編集画面で、メタ情報の入力をしなければ、こちらが使われる。

「抜粋を記事のディスクリプションとして利用する」をチェックしておくと、各記事のディスクリプションは、デフォルトで記事の抜粋が使われるようになる(「基本ディスクリプション」と差し替わる)

各記事の編集画面でメタ情報を入力

このプラグインを有効化すると、各記事(投稿も固定ページも)の編集画面の下部に、「メタ情報」を入力する欄が現れるようになる。

*現れていない場合は、上部の「表示オプション」をクリックして「メタ情報」をチェック。

ここでの設定は、先ほどの「共通キーワードと基本ディスクリプション」より優先される。
固定ページの場合は、ここはしっかり書いておくこと。

メタキーワードを入力すると、ここでの入力 + 共通キーワードというカタチで出力される。
入力しなければ共通キーワードのみが出力される。

メタディスクリプションを入力すると、その文言がそのまま使用される。
入力しなければ、
「抜粋を記事のディスクリプションとして利用する」をチェックしていれば、抜粋文が、
「抜粋を記事のディスクリプションとして利用する」をチェックしていないなら、基本ディスクリプションが出力される。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

関連記事

WordPressの Embedカードのリンクを別ウィンドウで開く(PCのみ。スマホ・タブレットはそのまま)

WordPressの Embedカード(ブログカード)のリンクは、デフォルトでは同ウィンドウで開くようになっていますが、これを別ウィンドウ(別タブ)で開くように [記事を読む]

WordPressの Embedカードのスタイルを編集する方法2つ

前回の記事で、WordPress 4.5 の Embedカード(ブログカード)の「テンプレートの構成」や「HTML要素のクラス名」などを調べました。これを元に、 [記事を読む]

WordPress4.5で Embedカードの PHPファイルの構造がだいぶ変わったみたい

前回から WordPressの Embedカード(ブログカード)について調べたことをメモっています。 今回は Embedカードの PHPファイルの構造について [記事を読む]

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

^